中国の紅茶について知る!中国は地域によって生産されている紅茶の種類や文化が違う

中国の紅茶について知る!中国は地域によって生産されている紅茶の種類や文化が違う

中国でも紅茶が生産されているのはご存知でしょうか。

中国のお茶と聞くと、烏龍茶やプーアル茶などをイメージする人が多いかと思います。

そんな中国ですが、紅茶も生産されています。

しかも、世界三大銘茶とも呼ばれているほどの、上質な紅茶を生産しています。

インドのダージリン、スリランカのウバと並ぶほど、中国のキームンは有名な紅茶の産地となっているのです。

今回は、中国の紅茶事情を詳しくお伝えします。

中国紅茶の歴史

中国紅茶の歴史

中国は紅茶発祥の地とされています。

中国の紅茶の産地であるキームンは世界最古の紅茶の産地としても知られています。

紅茶発祥の地ではありますが、烏龍茶や緑茶ほど、茶葉の生産量は多くないのが特徴です。

中国で飲まれている紅茶

中国で飲まれている紅茶

中国では地域ごとに異なったお茶の文化があります。

そのため、代表的に飲まれているお茶が地域それぞれであり、1つのお茶がよく飲まれているわけではありません。

中国で生産されている紅茶

中国で生産されている紅茶

中国で生産されている紅茶や紅茶の産地についてご紹介します。

中国で生産されている紅茶①キームン

世界最古の紅茶の産地であるキームンで作られた紅茶です。

丁寧に時間をかけて作られる紅茶で、スモーキーで濃厚な香りが特徴です。

まろやかなコクがあり、その質の高さから世界三大紅茶の1つとされています。

ヨーロッパでは、「中国茶のブルゴーニュ酒」と称される。

中国で生産されている紅茶②ラプサンスーチョン

中国の福建省で生産されている紅茶がラプサンスーチョンです。

ラプサンスーチョンの大きな特徴は何と言っても、燻製された紅茶であることです。

紅茶の中でも独特な香りを持ち、好き嫌いが分かれる紅茶としても知られています。

歴史的にみると、イギリス人を魅了した紅茶とされており、世界中で紅茶が飲まれるようになったきっかけをつくったとされています。

コメントを残す