紅茶と緑茶に含まれているカフェイン量ってどのくらい違うの?紅茶と緑茶のカフェイン量と一日に飲める量を知る

紅茶と緑茶に含まれているカフェイン量ってどのくらい違うの?紅茶と緑茶のカフェイン量と一日に飲める量を知る

記事には広告が含まれています

紅茶と緑茶に含まれるカフェイン量ってどのくらい?

紅茶と緑茶に含まれるカフェイン量ってどのくらい?

紅茶と緑茶のカフェイン量は以下のようになります。

紅茶(茶5gを360mlの熱湯で1.5~4分間浸出させたもの)
カフェイン量:100ml中に約30mg

緑茶(茶10gを430mlの湯(90℃)で1分間浸出させたもの)
カフェイン量:100ml中に約20mg

茶葉の抽出方法に左右される部分が大きく、お湯の温度によっても変わってくるので、あくまでも目安として覚えておいてください。

市販のペットボトルに含まれる紅茶や緑茶のカフェイン量

市販のペットボトルに含まれる紅茶や緑茶のカフェイン量

市販で売られているペットボトルの紅茶や緑茶のカフェイン量を表にしています。

お茶の種類 商品名 メーカー カフェイン量(㎎/100mℓ)
緑茶 コカ・コーラ 綾鷹 コカ・コーラカスタマーマーケティング(株) 12.5
サントリー 伊右衛門 サントリーフーズ(株) 11.4
伊藤園 おーいお茶 (株)伊藤園 14.8
キリン 生茶 キリンビバレッジ(株) 11.1
TOPVALU 緑茶 イオン(株) 8.5
SEVEN&i PREMIUM 緑茶 ニットービバレッジ(株) 12.7
CGC おいしいお茶 (株)シジシージャパン 8.0
紅茶 キリン 午後の紅茶 ストレートティー キリンビバレッジ(株) 14.0
SEVEN&i PREMIUM ストレートティー (株)伊藤園フードサービス 10.2

メーカーによって抽出方法や時間が異なってくるので、カフェイン量に差が出ています。

紅茶や緑茶のお供になるお菓子のカフェイン量

紅茶や緑茶のお供になるお菓子のカフェイン量

紅茶や緑茶と一緒にお菓子を食べる人も多いかと思います。

お茶のお供にしているお菓子によっては、カフェインが紅茶や緑茶以上に含まれている場合もあります。

お菓子に含まれているカフェイン量を把握してカフェインの取り過ぎにならないようにしましょう。

・ブラックガム:およそ370mg

・ダークチョコレート:およそ120mg

・ミルクチョコレート:およそ30mg

1日の安全なカフェイン摂取量を知ろう

1日の安全なカフェイン摂取量を知ろう

大人の1日の摂取量は300〜400mg以内に

<カナダ保険省、ニュージーランド食品安全>
体重1kgで 5.7mg以内/日

・体重70kgなら、400mg以内/日
・体重50kgなら、285mg以内/日

体重からみると、

男性は、400mg以内/日
女性は、300mg以内/日

が理想みたいですね。

子供の1日の摂取量は体重で判断

<カナダ保健省>
体重1kgmで、2.5mg以内/日

・体重20kgの子供の場合は、50mg以内/日。

・体重30kgの子供の場合は、75mg以内/日。

妊婦さんの1日の摂取量は200mg以内に

<オーストリア保健食品安全局、カナダ保健省>
300mg/日以下

<イギリス(英国食品安全庁)>
200mg/日以下

<世界保健機関(WHO)>
3~4杯/日まで

コメントを残す